読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考が漏れてます

仕方ないんです。漏れてしまうんです。

( ゜∀ 。) <やるじゃない plamolog

ざっくり日本国憲法改正

f:id:ujiujise:20150922172632g:plain

憲法は、国民が護られる為に、国の統治機関の暴走(制限)を防ぐ最上位の法規にあたる。

 
学者、法律家、政治家からすると、僕の説明は不足かつ突っ込みどころは、多いだろうが、入り口としての感覚は、こんなところから考える方が楽だと思います。
 
国を統治する機関は好き勝手できないように憲法を守らなければいけない。
憲法と異なり、国民に対しては好き勝手できないように各種法律を守らなければいけない。
 
そこらへんの日本人は憲法によって保護される立場にあります。
 
憲法改正への道のり
 
さて、憲法改正には3段階の手順があります。
―憲法第96条より
 
フェーズ1(国会)
国民の代表たる国会で、議員(政党)が憲法改正しよーぜと発議する。どういう改憲かはさておき、参議院、衆議院、それぞれで3分の2の賛成票が得られると次のフェーズに移行できる。
 
フェーズ2(国民)
国民の投票をする。国会で改正案が通過すると、今度は国民の賛同が過半数得られるかを決める。
 
フェーズ3(天皇)
国会も国民も投票過半数で納得できれば、改正可決、締めに天皇が憲法改正の宣言を国民に向かって行う。改憲反映。
 
憲法改正は我々が周期的に行う、地方、国会議員を決める選挙よりも手順が多く、敷居が高いのです。
 
難航予想
 
フェーズ1の国会では、衆参議院にて、単純に各政党内で足並みを揃えなければなりません。
党内で裏切り者が出るかもしれません。
また、そもそも衆参で3分の2の議席が必要です。
仮に、国会で可決したとしましょう。しかし、その時の国会は、きっと先日の安保法案みたいに荒れたり、国会議員の態度や、審議が完璧でない印象、改憲に対する不安を煽ったり、リスクを提示しなかったりと大もめになるでしょう。それを国民が見て色々判断するはずです。
 
フェーズ2の国民投票では、国会で可決しようとも、国会で何が正しいか国民への理解が深まなければ反対、無効票が多ければ過半数を獲得できず、そこで改憲失敗になります。
議席数が少なく国会で負けた政党でも、国民を扇動するチャンスも残っており、報道を使い、支持団体を駆使してあらゆる印象操作やデモ隊含め侮れないパワーを発揮できます。
 
フェーズ3の天皇陛下による改憲においては、形式上の宣言なので、特に難航はないと考えます。皇族に対するテロや、国家クーデターが起こらない限りは。
 
ネットで、憲法改正しろよと簡単に意見が出ますが、私が述べた簡単な流れ以上に、日本国民の思惑が錯綜し、想像を絶する時間と税金を費やす印象が私には感じています。
 
改憲経験なし
 
日本は、立憲してから1度も改憲したことがありません。明治政府が定めた憲法から、敗戦に至る時代から、敗戦後のいわゆるGHQ憲法に変わってから、2015年現在に至るまでです。
 
フェーズ1、2、3に提示した憲法が定めらているものの、我々は国民投票すら経験した人は誰もいません。
 
世界各国、日本国憲法とは同じでないにしろ、改憲経験はあります。時代に即して動いているのでしょう。日本は、こうした国際的な動きを見る限り、経験なしというのは憲法上においては後進国と言えるのかもしれません。
 
簡単に改憲できそうなものはあるかはわかってませんが。
 
改憲に対する、国会と国民全体の改憲プロセスの理解と経験も大切です、改憲に失敗しようが成功しようが、国会議員を決める選挙のような流れを国民がイメージしやすい経験を積んでいければ、色々定着しやすいのかなと思ってます。血税が、飛んでいくでしょうけれども。
 
根強い平和をうたう9条や、男系女系問題はたまた、廃された旧皇族の復帰に関わる皇族典範な1条のような重い案件ではなく、もう少し国民にも国を統治するものに対しても影響度が低い憲法があるのであれば、そういうところから国民総経験ができれば、仕組み上、改憲へのプロセスがイメージしやすくなるのかなと思っています。
 
専門家にとっては、僕が言ってる事は、うっすい内容かもしれませんが、改憲も必要になってくると思うことを訴えてます。
そして、時の流れによって万能憲法とは言い難い状況下にあると考えています。
そうなれば、ほんわか生きてる僕と同じような人達にも、せめてプロセスからでも理解を含め、本当に大切な議論を進められる土台と経験があれば議論と審議に集中できるのではと思ってます。
 
ここでは簡単に書きましたが、改憲って調べると敷居が高いですね。
1度も行われていないので、どれだけ時間掛かるかもイメージが湧きません。
 
最後に
 
安保法案も自衛隊の存在含め、憲法改正を行い、国際法における集団的自衛権の整合性と憲法が一致できれば、まあ納得する人も多そうな気がしますが、安倍政権がその選択を行わなかったのは、夏中に法案を通すと宣言した米国へのリップサービスや、中国脅威論による早期抑止のために、憲法改正を実施するには、あまりにもアンタッチャブルで手を出すのは現実的でないと判断したのではと見ています。他に裏を詮索してもキリがなく陰謀論とか斜め上いくにので、思考は狭めています。
 
憲法改正は、僕が生きている間に目の当たりになるか分かりません。ともかく、自分たち国民にとって日々平穏に暮らしていく上では、今現在の日本人としてあるべき姿を考えるには憲法改正を迎えるにあたり、重要な局面になりえります。
 
まぁ、護憲改憲云々ありますが、いつの時代も政治に遠く、なんとなく生きられるってのが日本人に一番の幸せなのかもしれませんね。