思考が漏れてます

仕方ないんです。漏れてしまうんです。

( ゜∀ 。) <やるじゃない plamolog

世間体。ていっ!

f:id:ujiujise:20140604221109p:plain

世間体は、さして重要視してない。生い立ちや容姿とか現状とか、その人を知る上では重要だが、それで善し悪しの評価は僕はしないし、僕と関わるならあまり世間体の何たるかは望んでいない。

世間体が必要になる場面は、世間体を重視するコミュニティにいるからで、身心の健全を考えると体力がない時は、何が何でも僕は逃げている。もちろん、ビジネスで重要な局面の時は体裁を整えたりもする。まぁ、今はそんなのが身の上で起こっていないので逃げる必要もないというのが現状である。

そんな自分は社会適合を目指し、立派な社会人を目指してたはずか、空回りして社会不適合者ちっくになってしまった。クソな苦労話は長いので略する。

だが色々落ちぶれると見えることもあって、自分を飾らなくなった。また、相対する人々を色眼鏡で見なくもなった(嫌なことされると嫌になります)

こういったのは特に落ちぶれたから偉いとか落ちぶれないと見えないことでもないと思う。センスある人なら無理せず自然体に生きられる人もいるだろう。ただ、僕はそういうのが結果として見えるようになった。そして、他人との大概の価値観の違いにも理解に努めようと思うようになった。

そして全てが嫌になった後、残ったものをより大切にしようと思うようにもなった。僕は運動とか技術とかファッションとかグループ内でも目立つような人間である前に、ゲームとかアニメとか歴史とか軍事兵器の知識が他人がどう思おうがで、好きであることに目を背けないようにした。それは他者に比べ優れてるとか劣っているとか関係ない。

ということで、僕自身の世間体なんて気にしないし、相対する人の世間体も気にはしてない。

ただ世間体を気にしないからって調子に乗ってはいけない。暴れるとか、物を盗むとか、無法者になってはいけない。自分がやられて嫌なことはやらない。法は分かってる範囲で守ること。当たり前と言えばそうなのだが周りの目が気にならないからといって何してもいい訳ではない(たまに奇行に走ることもあるのでそこはいつも反省)

世間体という、常識という言葉並に厄介なものは時代の節目節目で当たり前だった価値観を無残に壊すものなので誰もに願う事だがあまり振り回されないで欲しい。

熟年離婚とかも、男尊女卑の名残りからくるような前時代の抑圧解放から起こってたりする。男尊女卑じゃなくなってきている現代では亭主関白など死語みたいなものだ。

変に世間体に振り回されて価値観を固定化され、年齢的に体も心も凝り固まってあとあと融通が利かなくなって詰んでしまうよりかは、今周りの目を気にせずに肩の力を抜いて生きられる方が幸せだと僕は思う。多少、現状が苦しくても。

なので、周囲の目はついて回るものだが、それを気にしない人もいるのでちゃんと自分に向き合ってくれる人を探し、心穏やかに生きられることが幸せだと思います。