読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考が漏れてます

仕方ないんです。漏れてしまうんです。

( ゜∀ 。) <やるじゃない plamolog

郷土から逃れられない呪縛

大和郡山城跡

郡山城 - Wikipedia -

ふとよぎる出身地

僕は地元意識多分、普通かそれ以下と思ってます。 僕は奈良県出身です。今は東京都民になっています。

友人や家族や歴史好きを差し引いて、否応がなしに奈良を意識させられる時があります。甲子園、インターハイ、災害、事件、考古学的新発見など。

恒例、突発的に問わずニュースの結果がふとしたときに、どうなってんやろ?と気にかけてしまいます。

それらの結果は恐らく殆どは動揺することもなく人生観を変えるような事はありませんでした。今もありません。日々暮らす上では全くの固執せず、ふと頭によぎる程度です。

けなされてもや

奈良から出るようになって、お約束な出身的な笑いのネタになる事が殆どなんですが、それで楽しくなれるんやったらそれでええやろー。と割り切れてしまっています。

ただ、ごく例外的に酷い振る舞いとか繰り返しやるのであれば、僕を侮辱しようとする敵意として受け止め怒ります。付き合いが浅い間程、それは顕著になります。そこは故郷をダシにした人格否定なので笑いとは異なります。

意識してるということは

ともあれ反射神経のように郷土を意識するのはあります。

これは産まれた時から備わったものではないです。明らかに後天的なものだと感じています。

それだけ郷土を意識させられる機会が多かったんでしょう。機会が少なければ、時の流れによって強いインパクトを受けるんだとおもいます。

こんなのは論じるものでもないことかもしれませんが、できるだけ固執を回避したい僕にとっては、普通に逃れられへんやんかと軽い衝撃を改めて認識した次第です。

みなよろし