読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考が漏れてます

仕方ないんです。漏れてしまうんです。

( ゜∀ 。) <やるじゃない plamolog

神の視点をもつ者

会社帰りの途中、えくすきゅーずみー?と聞こえた。

あ?外国人上等だぜ!というDQN心を持ちつつ、聞こえた元をたどった。

 

そこにいたのは、こんな感じの色黒のインド人だった。

f:id:ujiujise:20120806194918j:plain

 

india:

Are you can speak English?

 

me:

No.

 

india:

ワタシ インディア カラ キマシタ ニホン ハタラクノ

トテモ Difficult! difficult... トテモ Very hungry hungry...

 

me:

aha

 

india:

小田原Station 帰ルオ金アリマセン

トテモトテモ Very hungry hungry...(お腹を抑える、上目遣い)

 

me:

How mach?

 

india:

One Thousand Eight Hundred Fifty Yen... (¥1,850)

 

me:

ほんまかいな(運賃表を見る)おい1,450円やんけ…

ちゃうやんか。

 

inidia:

トテモトテモ Very hungry hungry...

 
me: (Thinking Time!!! )
(あーつまり、日本へ来たのはいいが、仕事ないんやな)
(こやつの言う真偽は別として小田原へ行きたいのと、腹減ってんだな)
(日本を甘く見たなー、意外と内心きっつい国だよ…)
(今日は、DJに仕事助けてもらったし気分がいいので出してやるか神の視点で!)
 
※財布を出す。
 
india:
オー Thank you!! Thank you!!
 
※札を受け取ろうとする
 
me:
神(バカめ、出すのは電車賃だけだ。甘ったれるな)
神(国へ帰る準備もしくは、再起の為に家で頭冷やす試練を汝に与える)
神(それがせめての慈悲だ)
 
※お金をもらえると期待していたのだろうが、直接切符購入してあげた。
 
india:
Thank you!! Butトテモトテモ Very hungry hungry... Yoshinoya...
 
me:
Go Home!(これで帰ることできるでしょ?という言葉が思いつかなった)
 
神(アホか、ワシだってそんな金持ってへんわ!お前に渡した金で全部や)
神(日本の不況はテメエだけの事じゃねーんだ。)
 
india:
Where you from?
 
※諦めたようだ
 
me:
kinshichou
 
india:
You Stay Tokyo!! Thank you Very Match!! See you Again!!
 
※握手し、別れた
 
-----
 
この善人面の神の視点をもつ僕は、お金を与えず本人に試練を与えたことに
悦に浸っていた。所詮は、小市民的野郎だ。
でも、救いになれたかな??一日一善だぜ!いいことした!
と内心HaHaHaHaHaHa!!!だった。
 
----
 
※自宅に帰り妻にこのことを得意げに話す僕。
 
僕:インド人に1,450円恵んだぜ!切符で!
 
妻:払い戻しで、お金還って来るじゃん
 
僕: